« 『黒後家蜘蛛の会 1』 | Main | オオシマザクラとメジロ »

March 25, 2007

『まついさんちの子どもめし』

これはとーさんが新聞で見つけて教えてくれたもの。

一読しての感想は「男らしい(≧ε≦)!」

なんとも豪快でかっこいい、毎日ごはんのようすが素敵です。
正直、レシピがいっぱい載ってるのかと思って
レシピメモ用のノートを用意して読み始めたのですが、
詳しい作り方も分量もなくて。
その点は拍子抜けしましたが、
大いに楽しんで読め、読み終わると、
まるで“まついさんちの”ごはんをおすそわしてもらって
元気を分けてもらったように感じました。

忙しくても、子どもたちに食べさせることをあきらめない。
それでもだめなときは、使える物は何でも使って乗り越える。
乗り越えてから、また作り出せばいい、
そんなメッセージをもらった気がします。

がんばりすぎず、あきらめずに私も
わがやの“子どもめし”を作っていこう。


“灯りの中は退屈だけど、大切な情景だった。”

“わたしはどこにもいかないで、毎日ここで子どもたちのごはんをつくる。”

“子どもと暮らすことは、
 子どもに食べさせること。
 どんなことがあってもそれを放棄することはない
 あやうくなっても、やり直せるし取り戻せる。
 大丈夫。”

|

« 『黒後家蜘蛛の会 1』 | Main | オオシマザクラとメジロ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『まついさんちの子どもめし』:

« 『黒後家蜘蛛の会 1』 | Main | オオシマザクラとメジロ »